Jasper Roberts - Blog

お知らせ

【新規受付休止中です】現在、コーチング新規受付を休止しております。再開は2017年12月頃の予定です。 コーチングご希望の方にはしばらくの間ご不便をおかけいたしますがご了承ください。 2017年5月、おかげさまでKECは創立7周年を迎えました。今後ともよろしくお願いいたします。 【休業予定日】休業の予定はありません。 【インタビュー】2017/5/15 ポッドキャスト&ブログ『あの人の英語の、ホントのところ:KEC meets Japanese speakers of English around the globe.』の公開をはじめました。 【学割】 2016/5/1 受講料40%オフの学生割引をはじめました。 【Facebook】 Kamiya English Coaching Facebook Page はこちら。 "Like" していただくと、KECから最新情報が届きます。

KECへようこそ

KECのプログラムを通じて身に付くのは、 継続的に自己学習を進めていくスキルです。

自分の英語を客観的に観察し、適切に評価していく

プログラムはまず、これまでの学習経験を振り返り、 いま何ができていて、 どこを強化する必要があるかを見極めることから始まります。
この段階ではコーチと学習者が二人三脚で 文法、発音、語彙、コミュニケーションの方法など、 さまざまな角度から学習者の英語を検証していきます。 学習者の見解とコーチの見解が一致するとは限りません。 苦手だと思っていたところが、実は強みだったり、 ごまかしていたところが浮き彫りになったり、 思いも寄らない部分をコーチに指摘されることになるかもしれません。 こうした経験により、学習者は自分の英語を客観的に観察し、 適切に評価することができるようになります。

自分で自分の英語を上達させていく

改善すべきポイントや目標が明らかになったところで、 コーチのフィードバックをヒントに、 学習者は自分に必要なツールを、自分で探し、自分のものにするトレーニングを行います。 それはたとえば、 ある文法項目について、自分の本棚から教科書を出してきて徹底的に復習することかもしれません。 映画やビデオを観て、あいづちのタイミングを学ぶことかもしれません。 家族や友人の助けを借りて、自己紹介に磨きをかけることかもしれません。 これは自分で自分に課題を与え、 それに取り組み、自分の英語力を高めていくトレーニングです。 この段階では、コーチは少しずつ学習者から離れていきます。

習得した2つのスキルで「自走」へ

最終段階では、それまでに習得した2つのスキルを駆使して、 学習者が一人で学習過程をこなし、 コーチは距離を置いてそれを見守ります。 こうしてKECのプログラムを修了した学習者は、 自分の力で自己学習を続けていくことができるのです。 KECではこれを“卒業”と呼び、 卒業までの期間は標準3ヶ月、最大でも6ヶ月とし、受講期間に上限を設けています。 『継続は力なり』と言いますが、 これは「延々と英語を習い続ける」という意味ではありません。 滑走路をだらだら走る飛行機がいつまでたっても飛び立つことはないのと同様、 効果のない方法をただ長く続けていても、英語はできるようにはなりません。 短期間で効率的に、自分にとってもっとも適切な学習方法を身に付けることができれば、 学習者は自立して飛び立っていくことができます。 そこから先は自分で改良や改善をしながら、英語学習を続けていく。 それこそが、本来の学習というものであり、 継続のあり方だと考えます。 ご自分の英語の過去と現在を見つめ、未来へつなぐ方法を KECで手に入れてください。
> 続きをみる